センター試験同日体験受験まで100日を切りました | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 13日 センター試験同日体験受験まで100日を切りました

みなさんこんにちは。最近携帯離れしようと思い、映画を見たり本を読むことに少しずつはまっています。宍戸です。

なんだかんだ今年ももう3ヶ月残っていないんですね。時間が過ぎるのが早く感じます。

ということで今日は、低学年のみなさんが同日体験受験をするまでに100日残っていないんだよっていうお話をしたいと思います。

 

まず、同日体験受験ってなに?という方へ。

同日体験とは、受験生がセンター試験を受ける日と同じ日に、全く同じ問題を解くものです。

低学年のみなさんは受験生になる1年前、2年前の自分がどのくらいの学力なのか測るいい機会です。

同日の時点で主要科目の点数を、志望校の合格Aライン−10%取ろう!などの目標もそれぞれ皆んなにあると思います。

そこのあたりは今までの説明会で聞いているはずです。

 

じゃあ受験生はセンター試験本番まで100日を切った今、どんなことをしているのでしょうか?

そこについては12日のブログ(こちら)で西岡担任助手がお話してくれています。まずはそれをしっかり読んでみてください。

 

 

読みましたか?

自分が1年後、2年後、過去問をしっかりとき切ってそれぞれの科目にどのくらい時間がかけられるのか計算して勉強できている姿は想像できましたか?

 

東進で”低学年”と言っても、上は高校2年生、下は中学1年生までいます。きっと受験生になるまでに間が空きすぎていて具体的にどんな感じか想像できない人もいると思います。

でも、同じ校舎に頑張っている受験生がたくさんいるんだから、どのくらい勉強してるか、勉強に対してどんな姿勢で臨んでいるかは間近で見られるはずです。そしてブログ、説明会、公開授業などのイベントでも受験に関する情報をたくさんお伝えしています。そういうものを利用すれば少しずつ見えてくるはずです。

同日まで100日を切った今、みんなにまず取り組んで欲しいことの一つは受験をちょっと意識してみることです。

受験や志望校を意識したら、同日でどのくらいの点数を取るべきなのかの目標が定まるはずです。

 

そして二つ目、同日で目標点を取るために今できることをやりきる、ということにも力を入れて欲しいです。

今できることってなんでしょうか?

基礎固めです。

英語の単語や文法に抜けはないか、数学の公式で不安なところはないか、などしっかり洗い出して、受講の復習だったり高速基礎マスターだったり、自分が使えるものをやりきって基礎を固めましょう。

 

校舎で何度か聞いていると思いますが、高校3年生の夏には共通テストや志望校の問題を解き始めます。そのあとはより濃い志望校対策の勉強を進めていきます。

基礎を固めるのは今しかありません。

 

同日で目標点が取れなかったら本気で悔しがるくらい、皆んなには真剣に取り組んで意識して欲しいです。

みんなが目標を持って頑張っていけるように、私たちも一緒に頑張ります(^ ^)

 

法政大学社会学部2年 宍戸桜子

 

**************************************