メンタル管理〜受験生向け〜 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 12月 15日 メンタル管理〜受験生向け〜

こんにちは!三好です!

突然ですが、ラーメンって美味しくないですか?

というのも、大学生になってラーメンを食べる機会がとてつもなく減っていたんですけども、最近うちの大学の生協がとあるラーメン屋とコラボしたラーメンを販売したので、久しぶりに食べてみました。

ちなみにめちゃくちゃ美味しかったです。

スープが違うだけで、たまーに食べる大学のラーメンとこんなにも違うのかと衝撃を受けました。

やっぱラーメンっていいですよね。

今度ラーメン屋巡りをしたいと思います。

 

さて、本日、東進ハイスクールでは、センター試験本番レベル模試が行われていましたね。

高校三年生にとっては、最後のセンター模試ですし、第一志望や併願校を決める最後の戦いとなります。

今回の模試はそれだけ重要ってことです。

緊張して当然。

その緊張こそ志望校への熱意ですし、今まで頑張って勉強してきた証です。

しかし、中にはその緊張が原因でミスをしてしまった人もいるかと思います。

また、直接的なミスはしていないものの、本来の実力を発揮できなかった生徒もいると思います。

逆に、今までの試験より高得点が取れた!という生徒もいます。

さて、前者と後者はどこが違うのでしょう。

 

先ほども言いましたように、仮に今回高得点だった人も緊張自体はしていると思います。

それは両者ともに変わりません。

違いはちょっとした考え方なんだと思います。

 

ちょっと僕の話をします。

僕は生徒時代、おそらく緊張に強かったです。

模試とかでも、緊張はするものの基本的には普段通りの実力を出せましたし、変にミスすることもありませんでした。

今振り返れば、その原因は、僕の今までの経験にあったんだと思います。

僕は幼稚園からサッカーをずっとやっており、ずっと試合に出させてもらっていました。

その試合のたびに、試合前に毎回足が震えてでもそれをなんとか抑えてというのを繰り返してきました。

また、中学受験の時も模試のたびに、震えてました。

しかし、いつの頃か、その緊張を楽しむことができるようになってきました。

と、いうと変かもしれません。

緊張っておそらく、ミスしたくない、だとか、負けたくない、というネガティブなところから来るところがあると思います。

それを、高得点取って校舎に帰ったらスタッフはなんて言うだろう、とか、もしかしたら満点取ってしまうかもしれない、とかっていう発想に切り替えられるようになったんです。

そうすることで、模試や試合前の緊張は、楽しみとなり、本番でも実力を出せるようになりました。

 

今から多くの経験を積むのは難しいと思います。

ただ、本当にこれはちょっとした意識の差だと思っています。

校舎にいると、こんな声が聞こえてきます。

「低い点数を取っちゃうかもしれないから、模試を受けたくない」だとか。

「模試がめちゃくちゃ心配です」とか。

いやいや。そこを変えてみて欲しい。

最悪を想定することも時には大事です。

ただ、そのせいで変に緊張してミスしてしまうのが一番もったいなくないですか?

一番オススメの考え方は

「次高得点取っちゃったら、担任助手になんで報告しようかな」

です。

参考にしてみてください。

 

さて、センターまであと30日くらいです。

今まで話してきたことは全部、積み重ねた努力があって初めて成り立つものです。

それはそうでしょう。

根拠のない自信はあまり意味がありません。

今回の模試では、あまり結果が振るわなかった人も、大事なのはここから何をするかです。

やれることは確かに限られてますが、時間が足りないという言葉は、最大限の努力をした人だけが言うことができます。

1月17日に、もしかしたら明日はいい点が取れるかもと思えるかどうかはこれから次第です。

困ったら相談に来てください。

最後まで一緒にやり切りましょう。

 

横浜国立大学理工学部2年 三好一輝

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

*************************************

お申込みはコチラ!