三好が東進に入ったワケ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 16日 三好が東進に入ったワケ

こんにちは、三好です。

 

最近校舎に新しい顔が増えてきてうれしい限りです。

まだ自己紹介できてない人にも会えるといいなぁと思ってます。

 

僕は去年大学に入学した頃は本当に人が覚えられなかったんですよ。

というのも、中高一貫に通ってまして、新しく人の顔を覚えるということ自体少なかったんですね。

なので、去年は大学で会って声かけられても「誰だろうこの人」とか思いながらも「よっ!」って返してました。

いわゆる「よっ友」ですね。

最近は「よっ!」って言うことも言われることもなくなりました。

今年はもっと深く狭くの人間関係を築いていきたいところです。

 

さて、今回は僕が東進に入学した頃の話をしようと思います。

僕が東進に入学したのは高校3年生の春でした。

センター同日試験の結果が返ってきて、期末試験も終わった高校2年生の3月。

部活の友達たちはすでに塾に通い始めており、塾で部活を休む人もちらほら出てきていました。

高校12年生の頃は自分の力を信じて疑わなかったものの、部活や文化祭実行委員、体育祭での応援団などを言い訳に授業をおろそかにしていたツケが回ってきたのか、気づけば周りには自分より勉強のできる友達がちらほら見えるようになってきました。

そこで塾を探し始めて見つけた塾が東進のセンター南駅前校でした。

ちょうどその頃新年度特別招待講習というイベントをやっていたので、時間もないしとりあえず申し込んでみました。

東進に通っている高校の友達におすすめされていた今井先生という英語の先生の授業を受けてみると、その授業がとても面白く、授業って面白いもんなんだと思ったのを覚えています。

学校の授業は良くも悪くも、できない人に合わされています。

となると、当然授業の進みも遅くなりあんまり面白味のない、退屈な授業になってしまいます。

が、東進の映像授業は一人一人のレベルにあった授業を提供されるので、ちょうど退屈しない授業を受けれたことが僕にとってよかったのかなと思います。

 

今、東進では夏季特別招待講習というイベントをやっています。

無料で授業を体験できます。

悩んでるくらいなら、申し込んでみてはいかがでしょうか。

一歩踏み出してみることで見えてくるもんもあるもんです。

 

横浜国立大学理工学部2年 三好一輝

 

**************************************

↓↓各種お申込みはコチラ↓↓