元部活生のみなさんへ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 4日 元部活生のみなさんへ

どうもこんにちは。最近10時間くらい寝ても眠いという恐怖体験を毎日しています、西岡です。
どうしてでしょうか。成長期なんですかね。わかりませんが、とにかく時間があったら寝ています。幸せです。
こんな西岡ですが、高校生のころは寝る間も惜しんでアクティブに生活していました。朝起きて朝練やって授業受けて部活行って東進も行って寝る。長くて6時間くらいしか寝てなかったと思います。5時間から4時間半くらいが普通でした。このころの忙しくて大変だった話もしたいのですが、今回はこのころより少し後の、部活を引退した後のことについて少し話したいなと思います。

受験生のみなさんの中には少しずつ部活が終わっている人も出てきましたね。引退試合だったり最後の発表だったりは楽しかったでしょうか。部活動は精いっぱいやりきれたでしょうか。私が所属していた部活は弱小チームで勝てたのは一回か二回くらいしかありませんでしたが、それなりに頑張れましたし、楽しかったです。毎週何十時間もかけていた部活がなくなるというのは結構さびしかったものです。おそらく最近引退した受験生のみなさんもそのような気持ちなのではないでしょうか。そのような気持ちになれているのならきっと楽しい部活だったんだろうなぁと思います。

さて、勉強の方に目を向けてみましょう。
引退をした後と前、生活習慣は確実に変わっていると思うのですが、いい方に変わっているでしょうか。部活をやっていた何十時間という時間を何に使っていますか?
部活をしていたころ、「引退したらやろう!」なんて思い、後回しにしていたことはありませんか?またそれはできていますか?私みたいに空いた時間を寝て過ごしていませんか?

みなさんはもう受験生です。
今年どれだけ頑張れるかが人生に少しかもしれませんが確実に影響します。その大切な今年ももう6月です。センター同日模試から5か月が経とうとしています。
「体育祭がおわったら始めます」「定期テストが終わったらやります」「文化祭が終わったら…」
いつ始めますか?去年言っていた「部活が終わったら」は「今」じゃないでしょうか。

 

ところでみなさん、律速段階という言葉を知っているでしょうか。理系の人は知ってるかな。
律速段階というのは何段階かに分かれている化学反応のうち、最も反応する速度が遅い段階のことです。反応速度が遅い理由はいろいろなものがありますが、エネルギーがたくさん必要で反応を起こすのが大変な反応が多いです。この反応がどれだけ早く行われるかが全体の化学反応の速度を決めているため、何段階かに分かれている複雑な化学反応を扱うときは簡易化してこの反応のみを考えることもあります。

 

話を戻しますが「始める」というのは非常にエネルギーのいることです。本当に大変です。生活習慣は必ず変わりますし、今までやってきたことができなくなることもあるかもしれません。勉強を始めるとなったら大変さが増す人もいるかもしれません。
ここからは私の考えですが、受験勉強という長い時間を化学反応に例えると「勉強中心とした生活を始める」というのが律速段階だと思うのです。大変だけどそれが全体の効率や速さ、成功するか否かまでも決めていると思います。

みなさん、今その段階を超えるか否かは受験結果にも関わる大きな決断です。そう思ったら頑張れそうじゃないですか?エネルギーが自分だけでは足りなくて超えられないという人は担任助手や担任の方に相談してみましょう。もしかしたら思いがけないところでエネルギーを得られるかもしれませんよ。
頑張りましょう。

 

東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系 二年 西岡柚香

**************************************
まだ東進に通っていないキミ!

東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!

大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。

みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。

お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

↓↓各種お申込みはコチラ↓↓