全統から1週間が経ちました | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 16日 全統から1週間が経ちました

こんにちは!

最近周りの友達に助けられる機会が多くて、信頼できる友達は大切にしたいなってしみじみと感じている中山です。
 
もともと本当に悩んでることとかあんまり人に話したくないというか話せないタイプなので、頑張って人に相談して消化できるように変わっていけたらいいなって思ってます。
 
 
みなさんはどうですか?
 
自分の中で溜め込み過ぎていませんか?
 
周りにいる全ての人を信頼するのはすごく難しいことだけど、1人で悩み続けるのはとてもしんどいです。
 
誰かひとりでも悩みを話せる人を見つけてください。
 
もういる人は大切にしてください。
 
自分で自分の首を絞めちゃうことほど虚しいことはないです。。。
 
 
 
 
なーんか重めの前置きが長くなってしまいましたがそろそろ本題に入りますね。
 
 
全統が終わってから1週間が経ちました。
 
後日受験も今日で終わりましたね。
 
皆さん結果はどうでしたか??
 
もちろん良かった人も悪かった人もいると思います。
 
全統を終え、夏への不安がある人が多いのではないでしょうか?
 
1週間経ってみて(後日受験の自己採点を終えてみて)、ここからどうしたらいいのかを私なりにお伝えしようと思います。
 
 
 
このブログを書くにあたって、まず昨年の私を振り返ってみました。
 
昨年の私の全統の結果は悪かったです。
 
合計点が4月模試より60点くらい下がりました。
 
第1志望の判定はB。
 
二次試験が数学と小論文だけの国立で、数学が毎回そこそこできていたので判定はだいたいAかBでした。
 
志望校判定に一喜一憂する人がいますが、あくまでも判定は合格可能性を表す指標であり、A判定を取れたら必ず合格できるわけではありません
 
実際に私は第1志望に合格することが出来ませんでした。
 
 
 
大事なのは今回の結果を受けて
 
これからどうするか
 
です。
 
 
 
昨年の私は夏にものすごく不安を感じました。
 
なぜならみんなが丸一日勉強に時間を費やして1日13時間くらい勉強することを知っていたから
 
そして私はどんなに頑張っても4-5時間しか勉強に割ける時間がないことを知っていたから
 
です。
 
なんでそんなに少ないのかって??
 
私は8月末に部活を引退しました。
 
夏休みも毎日朝から夕方まで練習がありました。
 
でも、そんなことを言い訳にしたくないと強く思って東進に入ったのが高1の終わりです。
 
低学年の時からたくさん校舎に来て、たくさん受講も高Mもやって、自分なりにそこそこ頑張ってきたつもりでした。
 
だけど高3の6月になっても思うように点数が伸びない。
 
すごく辛かったです。
 
 
 
6月模試の結果を受けて私が決めたこと。
 
それは
 
予定を立てて必ずやりきること
 
毎日継続すること
 
の2つです。
 
 
 
当たり前のことかもしれません。
 
でもその当たり前をみなさんはできていますか?
 
GMで決めた受講の予定や登校目標
 
模試後面談で担当と決めた毎日やること
 
きちんと守れていますか?
 
 
 
自分で決めたことに責任を持つ。
 
少しのズレはのちのち大きなズレになります。
 
そのズレはみなさんを合格からどんどん遠ざけていきます。 
 
合格するための予定や計画をしっかりと立てて、やりきりましょう!
 
 
 
そして、合格するための予定や計画を立てるために、今の自分の現状を模試からしっかり分析してください。
 
ただただ人から言われてやるだけでは、力はつきません。
 
自分で考えて勉強できるようになりましょう!
 
 
 
私からすれば、みなさんにはまだまだ時間が残されています。
 
夏休みを全て勉強に捧げることが出来る環境を大切にしてほしいです。
 
それは必ずしも誰にでもあるわけではありません。
 
皆さんにはまだまだ可能性があります。
 
私は夏休み末に部活を引退し、そこから10月模試で8月模試から110点伸ばすことができました。
 
最後に後悔しないためには、今最大限の努力をするしかありません。
 
なぜなら過去は変えられないからです。
 
みんなには、あの時ああすればよかったなんて受験を終えてから思ってほしくありません。
 
どんな結果になろうと、自分の出来ること全部やりきった!って私たちに受験の報告をしてほしいです。
 
これは絶対にです。
 
そしてみなさんは1人ではありません。
 
一緒に頑張っていきましょう。
 
 
 
 
最後にメッセージです。
 
 
 
まずは模試の点が良かった人へ
 
満足しないでください。
 
皆さんの最終的なゴールは今回の全統で良い点をとる事ではなく、その先にあるはずです。
 
もちろん今回の点数が良かったことには自信を持ってください。
 
今までの頑張ってきた過程に対してもです。
 
でも、満足したらそこまでです。
 
今一度、自分の目指す場所を再確認してみましょう。
 
 
 
 
そして、思うように点数が取れなかった人へ
 
まだまだここから変われます。
 
それはあなた次第です。
 
結果が出ない時、モチベが保てなくて途中で諦めてしまう、投げ出してしまう人はたくさんいます。
 
だからこそ、今どれだけ踏ん張れるかがみなさんの合否を分けると思います。
 
自分への甘えを捨て、自分に厳しくなりましょう。
 
難しいことですが、辛くなって後ろ向きになってしまったらいつでも話してください。
 
絶対にみなさんを前に向かせてあげます。
 
1歩ずつ
 
でも確かに
 
前へ進んでいきましょう!
 
 
 
最後に!模試の時は必ず時計を持っていきましょうね!!ゼッタイ!!!
 
 
 
 
日本大学理工学部数学科 1年 中山小春
 
**************************************
まだ東進に通っていないキミ!

東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!

大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。

みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。

お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

↓↓各種お申込みはコチラ↓↓