共通テストまであと100日! | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 8日 共通テストまであと100日!

こんにちは、阿部です。

気付いたら夏休みが終わって大学が始まってしまっていたんですが、時間って過ぎていくのが本当に早いですね笑

小中学校の頃なんか1日が長いな〜って思っていたことが多かった気がするんですが、最近は気づいたら1日も終わってます。

年取って来たからなんですかね笑

ちなみに年を取ってくると時間が過ぎるのが早く感じられることはジャネーの法則というもので説明出来るそうです。

これをもとに考えると10歳の人の1日が20歳の人の2日に当たるそうです。

それでは本題に入ろうと思うんですが、今回のテーマはこの時間にかなり関わって来ます笑

というのも皆さんは共通テストの本番まで残り何日かご存知ですか?

実は今日でぴったり100なんです!!

これを聞いてもしかしたら思ったより長いなぁと感じる人もいるかもしれませんが、殆どの人は100日は短いと感じると思います。

ましてや100日と言っても全部を使えるわけでもないですよね。

この100日の間に共通テストを求められているレベルに仕上げ、かつ二次試験や私大の入試においても合格点レベルに持っていかなければいけません。

しかし、模試や過去問を解いたり、演習量を増やせば増やすだけどんどん課題が見つかるのがこの時期だと思います。

やることが多くなってどれから手をつければいいのかが分からなくなることも多くなると思いますが、時間は限られています。

まずは自分がやらなければいけないことを整理しましょう。

やることを広げ過ぎても手が回らなくなってしまいます。

幸いなことに東進生は過去問を今まで解き進めて来たと思いますので、過去問の点数を上げるために何をするのが1番の近道なのかは分かってるはずです。

それをもとに自分が志望校に合格するための最短距離を考えて、実行するよう努めてください。

この時期は先ほども言ったようにやることも多いし、なかなか先が見えない時期なので勉強自体が辛くなることもあると思います。

受験生の時は自分もそうでした笑

ただ、辛いからと言って勉強を止めたら志望校の合格は近づくことはありません。

先週のホームルームでも伝えましたが、今時点での得点を見ると受かりそうな人たちの中には油断して勉強時間を減らしたりする人もいます。

自分もそこで勉強時間を減らしてしまったら追いつくことは出来ません。

常に自分の勉強時間を最大化して、最短距離で合格点にたどり着くことを意識して勉強をし続けてください!

僕の恩師でもある数学の長岡恭史先生もこう言ってました。

「受験生は諦めずに最後まで勉強をし続けること。受験生は最後に指数関数的に点数は伸びる!」と笑

絶対に第一志望校に受かるんだという強い気持ちを持って日々の勉強を続けてください!

東京工業大学工学院2年 阿部椋太郎

******************************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

*****************************************************

お申込みはコチラ!