受験勉強をする意味って? | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 28日 受験勉強をする意味って?

 
みなさんこんにちは。
佐々木です!
 
夏休みがもう終わってしまいますね。
とっくに学校始まってますって言う人も多いかな?
最近朝の受付にいても、なかなか人が来なくて寂しいです。
 
夏休みはひたすら8月模試に向けて勉強!って思っていたけど、
模試も終わって自己採点もしてみて、
いろんな意味でモチベーションに影響が出た人もいるのではないでしょうか?
 
8月模試の結果が良くも悪くも、
モチベーションアップにつながった!という人はその調子です!
頑張っていきましょう!
 
ここにきてちょっとモチベーション下がり気味…
そもそもなんでこんな大変な思いして受験してるんだっけ?
そんな風に感じている人はいませんか?
 
東進で担任助手を4年間やっていて、
この時期にフッと目標やモチベーションを見失ってしまう生徒もいました。
今年もそんな人がいるんじゃないかな?と思って今回のブログを書いています。
 
 
わたしは、大学受験は人生最大級に高額な趣向品だと思っています。
もちろん、今の日本は多少なりとも学歴社会ではあります。
けれど、大学を出ていないからと言って生きていけないわけではありません。
それでも、
大学を出ていることが有利に働くかもしれないから…
学びたいことがあるから…
学生という身分でまだいたいから…
社会に出るのはまだ不安だから…
色々な「大学に行けると起こり得る良いこと」のために多くの人が大学受験をします。
 
わたしも、
将来「普通の会社」できちんと稼いできちんと働いていくには大学が必要な気がする
という考えが、そもそも大学受験を決めた最初のきっかけでした。
今考えれば「普通の会社」って何かわからないし、
専門学校や短大を出て立派に働いている同級生もたくさんいます。笑
 
何が言いたいかというと、極論を言って仕舞えば、
大学受験なんてしてもしなくても良いんです。
それぞれが自由に決めて良いことで、受験をしないという選択だって存在します。
 
けれど同時に、自由には責任がつきものです。
お家の方にお金を出していただいた分努力する責任?
心配した先生に相談にのってもらった分結果で恩返しする責任?
そういう責任ももちろんあるとは思いますが、私が思う責任は
将来の自分に対する責任 です。
 
今の自分が自由に下した判断によって、将来の自分の選択肢に影響が出ます。
あの時ああしておけば…となるも、あの時の自分のおかげで!となるも今の自分次第です。
 
ちょっと先の未来の自分が、より自由な選択肢を持てる行動をしてください。
 
それが今のどんな行動かは人によって違うと思います。
ここが正念場!という人もいれば、
進路を方向転換する人、
心身ともに休息が必要な人もいるかもしれません。
 
今の自分としっかり向き合って、未来の自分を思いやって、
今思うベストな選択をしてください!
 
相談や面談なんてたいそうなものじゃなくても構いません。
その選択をするときに、私たち担任助手が少しでも力になれることがあればいつでも頼ってください。
 
2020年度下半期も一緒に進んでいきましょう!
 
津田塾大学学芸学部国際関係学科4年 佐々木映
************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
************************************

お申込みはコチラ!