地歴千題テスト迫る! | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 24日 地歴千題テスト迫る!

つ、ついに今年もこの日がやってまいりました!!

年に一度の地理歴史の実力を測る超エキサイティングなテスト、その名も

「地歴千題テスト」です!!

あ、自己紹介遅れました、2年の佐藤です、こんにちは😃

地歴千題テストとは、世界史、地理、日本史などの部門に分かれており、各科目ごとに1000問もの問題を1日かけて解くテストとなっています!

去年の世界史の覇者は玉置担任助手、日本史の覇者は木山担任助手、2位は島村担任助手となっており、日本史、世界史ともに現在の担任助手勢が数多くランクインしていた印象があります!

一昨年まで遡ってみても、世界史は僕、日本史は中村元担任助手と、担任助手神話が続いていますね!

これはつまり、地歴千題テストの出来はそのまま受験の成否にも相関しているということです!!

なぜなら、担任助手はある程度は受験に成功している人で構成されているからです!

つまり、このテストは受験生にとってセンター試験前に自分の立ち位置を知るためにはうってつけの試験ということですね!

これを聞いて焦った人もいるかな?

でも大丈夫、試験まではあと2週間もあります!この期間をどう使うかは自分次第です!

千題テストでは記号問題だけでなく、人名や事件名を漢字で書かせる問題も出ます。曖昧な単語はしっかり復習しましょう!

この試験はただ受けるだけでも自分の苦手な範囲を洗い出すことができるため有用なのですが、試験範囲が広く、様々な問題形式で出るため、復習するだけで、センターレベルから二次私大レベルまでいろんなレベルをカバーできます!

ぜひ、テストに向けての勉強、受け終わった後の復習など、地歴千題テストを余すところなく活用してください!

 

早稲田大学文化構想学部2年 佐藤元輝