志望校の決め方 | 東進ハイスクール センター南駅前校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 17日 志望校の決め方

 

すっかり秋の様相を呈してきてますね

夏が去ったんだなぁと感じる一方で

過ごしやすい季節になっていいですね

時代は進んだもので、最近は外国の人とチャットしてます

いろんなことを知れるし、英語を実際に使えるし、

一石で二鳥どころか群れくらいはいけます

 

こんにちは梅木洋夢です

今回は志望校をどう決めるのか

という話をしていきます

 

ただこれは難しいもので

ある程度将来やりたいことが決まってる人

まだあんまり決まってない人

で分かれてきます

 

今回はその2つのパターンに分けて話しつつ

自分がどう決めたかの話もしていきます

 

①やりたいことが決まってる人

 

僕はこのパターンで

受験勉強するぞってなった時にはある程度やることが決まっていました

中学校くらいから先生になりたいと思っていたので

先生になるには免許を取らないといけない

そうなったら免許を取れる大学に行かないと

という感じで志望校はとんとん拍子に決まっていきました

 

自分の将来的にやりたいことが決まってるなら

どういう勉強ができるところがいいのか

どういう学部ならその勉強ができるのか

そしておまけ程度にどういうレベル帯がいいのか

逆算して決まってくると思います

タンバリン奏者になりたいなら

プロタンバリン奏者になるには何がいるんだろう

必要なものを獲得できる大学はなんだろう

タンバリンのレベルが高い大学はどこだろう

そうして見つかった大学によって

自分がどういった受験生活を送るのかも

変わってくるでしょう

 

同じような大学があるときは

家からのアクセス、試験方式、大学の雰囲気、

タンバリンの数など

細かいところで変わってくるのかなと思います

 

また個人的には、レベル帯で決めるよりも

やりたいことで決める方がいいと思っています

あくまでレベルは参考程度のものであって

難しいからやめるというのはあまりお勧めしません

仮に入るのが簡単だったとしても

やりたいこととズレていたら入ってからモヤモヤしますし

受験勉強のモチベーションもないし

有意義な大学生活を送れないと思っています

しかしブランドを求めて大学を決めるのも

選択肢の一つではあるでしょう

 

あと難しいから志望校を下げるのもあまりお勧めしてません

自分の成長の頂点を下げる行為だと思うので

難しいならそれに自分を合わせる方が

いい受験ができると思っています

レベルが高い大学はそれだけレベルが高い人に会う確率が上がりますしね

あくまで個人的にはですが、目指すなら高くてもいいと思っています

 

まとめると

ある程度将来のことが決まっている人は

それに合わせて学部を選んで

そこから大学を選ぶ

といった感じです

将来やりたいことが変わったなら

志望校も必然的に変わってくるのかなと思います

その大学でできることよりも

自分のやりたいことをできる大学を選びたいですね

 

②やりたいことが決まってない人

 

決まってない人は

まず決めることが先

になってくると思います

どういう職業につきたいのか

そもそも仕事をしないで暮らしたいのか

どんなタンバリン奏者になりたいのか

といったところですね

大学というのは自由度が非常に高いところなので

方向性なく入学してしまうと

時間を棒に振ってしまうことになりかねません

 

広大な大学という土地を彷徨うことになり

目的に向かって最短距離を進めないので

受験勉強、大学での勉強など

有意義な勉強の時間をうまく扱えなくなるのではないでしょうか

大学を散歩して終わりになってしまいます

散歩でも十分楽しめるのでしょうが

そのうち歩き出さないととなった時に

出遅れた!ということになってしまうかもしれません

せっかく大学受験で早く動き出した方がいいということを学んだのに

大学で同じ過ちは繰り返したくないですよね

 

もちろん大学に入ってから決めるというのも1つの手です

社会学部などは割と学部の中でできることが幅広いみたいなので

そういった学部を目指して

合格してから決めるというのも選択肢としてはあります

 

ただせっかく大学に入っていい時間を過ごせるチャンスがあるのに

その一部をやりたいことを決めるために使うよりは

やりたいことのために大学を使う方がいいと思っています

そのための磐石な設備があるのが大学なので

最大限それを利用できる状態で入学した方が有意義だと思います

もちろん社会学部に入った人でも有意義な大学生活を送る人はいます

別に社会学部が意義がない学部ということではないですし

社会学部でなくても、目的なく入れば

無駄にしてしまう時間は生まれてしまいます

 

もちろん別に有意義に大学生活を過ごそうなんて

思ってない人もいるかもしれません

それはそれでいいのですが

それなら別にわざわざ志望校で悩む必要もなく

どこ行っても変わらないと思うので

今回の内容は全く参考にならないでしょう

 

まとめると

将来やりたいことが決まってない人は

まずそれを決めよう

といった感じですね

自分のできること、あるいはやりたいこと

興味あることでもいいと思います

その興味を満足させられる環境が大学にはあるはずですからね

それらを軸に

色々調べてみたり、話を聞いてみたりして

自分の大学での方向性を決めていく

そしたらあとは上述したように

逆算して志望校が決まってくるのではないでしょうか

 

ということで今回は

志望校の決め方についてお話ししました

大学での方向性を持つことが非常に重要だと思うので

ぜひその軸を自分の中で持った状態で

受験勉強をしてもらいたいなと思います

タンバリンはぜひ息抜きに

 

早稲田大学教育学部1年 梅木洋夢

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!