新高1の春 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 9日 新高1の春

こんにちは。

あと一か月もすれば自分の大学に新入生が入学してくるなんて想像できません。でも、まだまだ自分は「華の一女」と呼ばれる大学一年生だと思いたい柴田紗永です。

 

季節はもうですね。

身の回りの環境がガラッと変わり、それと同時に別れがあったり新しい出会いがあったりこの季節って不安定になりがちです。私はこのどうもそわそわする感じ、ちょっと苦手です。()でも長い冬が終わり、太陽が顔を出して一気に自然がきらめきだす感じは気持ちがパーッと明るくなります。どうやら矛盾しているようですね(笑)

さて、最近電車に乗ると、ブレザーの胸ポケットにコサージュを付けた学生さんを多く見かけます。

卒業を迎えられるみなさん、おめでとうございます!!

今回は4月から高校生になる、新高1のみなさんにスポットライトを当てたいと思います!
春から始まるハイスクールライフにワクワクしていますか?ドキドキしていますか? 

ちょっとだけ、4年前の私の話をしたいと思います。(頑張って思い出しました!)

私の中学生活はというと、近所の公立中学校に通い、バレーボール部に所属していてショートヘアで毎日ボールを追いかけ、生徒会役員にもチャレンジしていて、行事がある度に役職に立候補するようなすごく欲張りな子だったと思います()

 

そんな私の第一志望校は公立高校の中でもレベルの高い湘南高校でした。
でも結果は不合格。こんなに大きな挫折を味わったのは初めてでした。合格発表の日は悔しくて、家に帰りたくなくて知らない土地をふらふらさまよっていたのを思いだします…

だからこの時期に「卒業おめでとう!」「高校入学おめでとう!」って周りの人に言ってもらっても少し複雑な気持ちでした。

 

そんな中、卒業式の日に大好きな先生から「本当にすごい人は環境を選ばない。導かれた場所で咲いてきてね。」って声をかけてもらい、山手学院高校で3年間頑張ろう!って決心したのを思いだします。

 

実際、山手学院に入学してからは本当に楽しくて楽しくて「2年生になったら選抜クラスに入れるように勉強しなきゃ!」とは思いつつ、

部活でへとへとになっては勉強ができず、オフがあれば遊びたいし…1年生の時は通学電車の中とテスト1週間前しか勉強できていませんでした。
高校2年生の時にこのままじゃダメだって思い、本腰を入れて受験勉強を始め、志望校のことを真剣に考え始めましたが、やっぱり1年間頑張ってきた友達に追いつくのは大変でした。

高校入学してすぐ大学受験のことを考えるのは嫌だし、正直大学受験がどんなものかもわからないし…
きっとそんな気持ちの人多いんじゃないかな~って思います。

大学受験は未知でなんか怖そうって感じるかもしれないけど、自分の手で夢を掴み取ることができる本当に数少ないビックチャンスです!

大学受験ってどんなことから始めたらいいのかな?高校生になったらどんな勉強法がいのかな?

センター試験がなくなって新入試が始まるって言うけど、どんな感じかな?

そもそも大学生ってどんなことするんだろう?
そんな不安を解消できるのが新年度特別招待講習です!!
ちょっと未知の世界をのぞいてみるだけでも大丈夫!これから先の行動、未来が変わってくるかもしれません!


↓↓新年度特別招待講習についてはコチラ↓↓


校舎でお待ちしておりますヽ(^o^)丿

 

早稲田大学国際教養学部 1年 柴田紗永

**************************************
まだ東進に通っていないキミ!

東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けており
ます!

大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。

みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。

お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

↓↓その他各種お申込みはコチラ↓↓