新高2の春 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 8日 新高2の春

こんにちは、花粉のせいで目が痒いしなんだか体がダルおもくて萎えてます、山田です!

高校の卒業式も終わり始め、段々と春の暖かな雰囲気が漂ってきたなあ、、としみじみと感じている今日この頃。

校舎では高三生をほとんど見かけなくなり、どこか物足りないように心寂しく感じたり。

別れがあり、そして新たな出会いの春。

そんな今回のテーマは「新高校二年生の春」!!

わたしがどんな高校二年生の春を過ごしていたかをお話ししたいと思います。

新高校二年生の春といえば、わたしがここ、東進ハイスクールセンター南駅前校に初めて足を踏み入れた時期でもあります。

若かりし山田は、高校一年生の終わりに私立文系として受験することを決意。

大学受験を意識し始めたちょうどその時、東進の招待講習というものがあることを知り、HPから自分で申し込みました

 

実は、その時はまだ全く塾に通うつもりなんて1ミリもなかったんです。

ただ、「無料だからちょっといってみよ~」っていうノリだけで行動しました。笑

でも、結果的に東進に通う決意をしました

それは、実際に勉強をするための空間に入ることで自分が知らなかった世界を知った。そして、ない事に気づいてすらいなかった受験の知識を多く手に入れ、危機感を覚えたからです。

今ではあのタイミングで東進と出会い、通い始めて本当に本当に良かったと思っています。

その理由としては、

早いスタートダッシュを切ることができたからです。

高3生、つまり受験生になると全ての科目を万全の状態にする必要があります。

そうなる前、高校2年生の時点で英語に特化した勉強をし得意科目にまですることができたことは、のちに自信に繋がり、それがちょっとした心の余裕にも繋がっていき、残りの科目の勉強も考えることを止めずに丁寧に進める時間を確保することができました。

よく言われるように、受験勉強にフライングはありません

なら、早く始めたほうが絶対にいい。

でも、みんながみんなそうする訳ではありません。出来るわけでもありません。

きっかけはいつも目の前にゴロゴロ転がっています。

でも、そこでそのきっかけを拾い、なにかを掴み取るかどうかは自分次第。

やらないよりはやったほうが絶対にいい

今ではあの時、なんの理由もなく東進に行くことを辞めていたらどうなっていたのか、、と怖くも思います。

結局こうして担任助手として4年目を過ごすことになっているので、人生どういう運命になるかなんて分からないものですね^_^

 

迷っている方・時間がある時期に一歩進んで見たいと思っている方は、是非一度、東進ハイスクールセンター南駅前校に足をお運びください。

そして、センター南駅前校の生徒のみなさん。

今の時点でこれだけ勉強がしやすい、恵まれた環境にいれることは、当たり前のことではありません。

それだけのことをやり切れていますか?

受験直前に、早くからやっていてよかった!と胸を張って言うことができる取り組みを今できていますか?

是非一度、考え直すきっかけにして欲しいと思います。

日々の生活に感謝して、できる限りの事をしていきましょう(^_^)

ではまた!

 

慶應義塾大学 総合政策学部1年 山田都葉

**************************************
まだ東進に通っていないキミ!

東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!

大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。

みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。

お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************

 

↓↓新年度特別招待講習についてはコチラ↓↓


↓↓その他各種お申込みはコチラ↓↓