永島が東進に入った訳 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 17日 永島が東進に入った訳

こんにちは!永島純平です。

多くの皆さんはちょうど期末テストが終わったところでしょうか? 大学生は今期末テストの真っ盛りです!(担任助手たちも、ああ見えて結構勉強しているんですよ^^)

高校生の時からテストは一夜漬けですることが多かったのですが、大学生になってからも全然変わっていません

なんとかして前々から計画的にこなせる人間になりたいものです。

 

さて、今日のお題は「永島が東進に入った訳」です。

懐かしいですね、もう2年前以上のことです。

僕は高校2年生の春に入塾したのですが、単刀直入に言うと、「部活を辞めてしまい暇だったし、できることなら受験勉強は早めに始めた方が良かろう」と思っていたからです。

こう見えて根は真面目なので、意外とちゃんとした理由で勉強を始めていたようです(笑)

 

正直このブログの閲覧者層は東進生ばかりだと思うので東進に入った理由よりも入ってからのことを話した方がいいかもしれません。

高校1年生・2年生、「東進に入っているというだけで満足しちゃダメだよ!

低学年のうちが肝要です。今のうちにしっかり勉強してある程度の基礎力を3年生になる前につけることが出来れば、後々絶対に効いてきます。部活生も少しずつでいいです、毎日勉強する習慣を今のうちにつけちゃいましょう。

夏休みなんてチャンスですよ。世の中の高1・高2生は遊んでいます。早めに始めること、それが何より大切です。東進に入塾している生徒たちは今を無駄にしないように、これから入塾を考えている皆さんも早めのスタートが大切です。

 

恩師の林修先生はこう言っていました。

『受験にスピード違反はない。』

 

早稲田大学国際教養学部1年 永島純平

 

**************************************

↓↓各種お申込みはコチラ↓↓