私が東進に入った理由~玉置編~ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 11日 私が東進に入った理由~玉置編~

こんにちは。玉置です。最近とっても眠気に襲われてます。。ちゃんと夜は寝ましょう。はい。

ということで今回のブログのテーマは私が東進に入った理由です。

いや、懐かしいな。ここで玉置の東進へはいるまでの過程をさかのぼっていきましょう。

一年前、部活に打ち込み何も勉強していなかった玉置がいました。センター同日でも学校内でビリに近い成績をたたき出し、やばくね?と思いながらもそのまま高3になりました。ある日、親にこう言われました。お前やばくね?そろそろ予備校とか行ったほうがいいんちゃう。と。確かにクラスの半分以上はもう予備校行ってるしそろそろ行かなきゃなぁと思った玉置は近くの予備校を探しました。それが東進だったのですが僕が他の所でなく東進に行ってみようかな~と思った理由は友達に勧められたからでした。その友達とはな、な、なんとみなさんご存じの木山担任助手なんです。小学校の時から知り合いで中高時代も登校時に会ったらぺちゃくちゃおしゃべりしていて、その時に東進を勧められたんです。(木山は言ったこと覚えてないらしい。んな無責任な) 

そして、東進の招待講習に行きました。初めて授業を受けたときは驚きましたね。めっっちゃ面白いやないかーー!!ってね。わかりやすい授業を受けて満足顔の玉置を次に待ち受けていたのは担任助手でした。そして、この担任助手の存在が僕が東進に入ろうと決めた一番の理由です。その中で一番印象的だったのは下林元担任助手。知ってる人も多いのではないでしょうか。しゃべりやすくてとても楽しかったですし、ここなら楽しく勉強できるかもしれないなと思いました。大感謝ですね。そんなこんなで東進が自分には合ってるなと思い、入学しました。

そして、担任助手となった今。ぼくも生徒が気持ちよく勉強できる環境を作れるよう頑張っていきたいです。

慶應義塾大学 文学部1年 玉置晃太郎

↓↓各種お申込みはコチラ↓↓