立教大学紹介! | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 22日 立教大学紹介!

こんにちは、しまむらです!

 

最近は1週間に一つ、楽しみを作っています!それを作ることで、リフレッシュにもなるし、色々頑張れます!ちなみに今週は、部活の練習まえに友達とカフェの新作飲みにいきます!楽しみ😊

楽しみつくる、息抜きって大事ですよ。

 

今回は私の通っている立教大学について紹介します!みなさんは立教大学をどのくらい知っていますか?今回は、私が思う立教大学のいいところ、をあげて紹介していきます!

 

いいところ①

自分の好きなことが学べる!

立教大学は池袋にある池袋キャンパスと、埼玉にある新座キャンパスがあります!ちなみに学部は

池袋キャンパス

文学部、異文化コミュニケーション学部、経済学部、経営学部、理学部、社会学部、法学部

新座キャンパス

観光学部、コミュニティ福祉学部、現代心理学部

の10学部です。さらに学部の中で学科が分かれていて、合計27学科あります!とっても豊富!!

 

私は文学部を専攻しているのですが、立教では他の学部の授業を1学期につき3つまでとることが出来るんです。ちなみに私は春は経営学部の授業を取っていました。文学部では学べない企業の仕組みなどを学べてとても新鮮でした!そう、つまり自分の専攻している学部だけでないことを学べるので、その時興味を持った授業をとって、視野を広げることができるんです!

 

好きなところ②

とにかくおしゃれ!

みなさん、立教大学の校舎を知っていますか?こちら!!

 

赤レンガの建物に、緑あふれるキャンパスなんです!!

高校生のとき、初めてこの校舎とキャンパスをみて一目惚れして、ここに通いたい!!!と強く思いました。実際立教生になっても、風情があってきれいなこの校舎がとっても好きです!ちなみに、これは1号館なのですが、中はこうなっています。

 

 

英語の授業はここで受けています!夢の1号館での授業で毎週ワクワクです。

ちなみにクリスマスはこんな感じです

 

今年はやっと直接みれるので、楽しみです。

毎日通う校舎、素敵で自分が好きな校舎だとワクワクします。大事です。

ちなみに立教生はとてもおしゃれです。そのおかげもあって、おしゃれな大学生、頑張って意識するようになりました笑

 

好きなところ③

英語のカリキュラムが

しっかりしている

立教は「Rikkyo Global 24」というのを掲げていて2024年の創立150周年に向けて国際化を推進しています。つまり、留学制度、英語教育に力を入れています。

一年次には、ディスカッション、R&W(リーディング&ライティング)、プレゼンテーションが必修であります。ディスカッションでは、1クラス8人ほどで、英語でディスカッションし合います。私も、英語を話すのはとても苦手だったのですが、必然的にこういう機会が与えられていると、話す力が自然と身についてきます。ちなみに8人で半学期一緒に頑張るので、違う学科の友達もできます!

 

ディスカッションの議題は、環境問題や人間関係、国際関係や、文化など毎週違う議題で様々です。英語で話す機会って自分で作らないとなかなかないので、必修の授業でそれが学べるのはとてもいいなと思います。

 

おまけのいいところ

ほかにもいいところは沢山あります!部活やサークルが盛んだったり、食堂のメニューが豊富だったり(ちなみに私は9号館の食堂を推します笑今週のメニューはカルボナーラうどん、回鍋肉丼、鶏そぼろのネギ塩旨辛うどんetc美味しいメニューが週替わりであります。)、池袋駅から近かったり、古舘伊知郎さん、池上彰さんなどの著名人の授業が受けれたり、、、などなどです!

 

ぜひ、機会があれば立教大学に足を運んで欲しいです!あの校舎に一目惚れするはずです。

 

立教大学文学部 1年 島村菜々海