記述模試がありました! | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 23日 記述模試がありました!

こんにちは!だんだんと寒くなってきた季節ですね。私はだいぶ寒がりで、ヒートテックは10月くらいから着ていたり、たまに手袋とマフラーとかもしたりで、これからまだまだ寒くなっていくのに耐性無くしています…。家でも、オンライン授業はずっとこたつに入って受けています。おばあさんですかね。少し我慢しますね笑 

さあ!昨日は受験前ラストの記述模試でしたね!!3ヶ月に1回くらいのペースであるこの模試で、受験生のみなさんも今まで何度か受けてきて分かっていると思いますが… 

難しいですよね!!!!!∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)

共通テストレベルではありません。特に私立志望の人たちは、慣れない記述に苦戦しますよねえ。時間も足りん!!私もこの模試には打ちのめされていました…。

そんなこの模試の意義として1つ覚えていただきたいのは、「自分の穴を見つけ、そしてできるようにするためのもの」ということ。この模試の特徴は「記述」が多いということ。つまり、説明できるようにしないといけないですよね!

例えば、社会科目では「『律令体制』について以下の言葉を使って説明しなさい」といった、物事の説明を記述させるような問題がありますよね!? この問題が分からなかった=まだ『律令体制』について分かっていないということですよね!私立の問題は、結構細かいところまでわかっていないと解けない問題が多いですね。その言葉を知っているだけでは太刀打ちできません。なので、説明できないということは、私立の問題を解く上で、まだ穴があるということです! 穴に気づけてよかったね!て話です!!

英語では、英作文や和訳の問題があると思いますが、これらをできるようにするには、文法や構文などがちゃんと理解できていないといけませんね。基礎の部分です。記述の問題は大抵が基礎をうまく使って書かせるようなものがほとんどです。今回ここができなかったなら、もう1度抜けている文法などを高速マスターなどを使って見直してみるといいと思います!

ここで記述模試を受けず、このまま受験に行っていたら…と思うと怖くないですか??ここで1度自分の抜けている部分を確認できてよかった!!!!

11月後半とはいっても、まだまだ知識不足な部分はあると思います。そんな部分を気づかせてくれるこの模試。そして、この時期に受けるからこそ、ここで間違えたものは特に印象に残って、当日に間違えないようになるはずです。

しっかり復習していきましょう!!

さあ次の模試は受験生にとっていよいよ最後の共通テスト本番レベル模試!!やっぱりこの模試が1番大事です。今回の記述模試で掴んだことを活かして、12月は最高得点目指していきましょう!!

上智大学 総合人間科学部1年 木村若葉

 

************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!

************************************

お申込みはコチラ!