4月末受講修了に向けて | 東進ハイスクール センター南駅前校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

東進ハイスクール センター南駅前校 » ブログ » 4月末受講修了に向けて

ブログ

2024年 3月 18日 4月末受講修了に向けて

みなさんこんにちは!多田菜摘です🌸

 

春休みはオーケストラの合宿、柳本さん出演の木管コンサート鑑賞(フルートの音色綺麗すぎました!)、初めてのマーチングバンドコンサート、乃木坂のライブなどなど音楽にあふれる日々を送っています。

 

色々なジャンルの音楽に触れてそれぞれの良さを感じています。音楽は演奏するのも聞くのも両方楽しいですね♬

 

今日のテーマは【4月末受講修了】ということで書いていきたいと思います。

何度も言われていると思いますが、4月末という期限にこだわれるかが今後の受験勉強を大きく左右すると言っても過言ではありません。

 

特に新高3生はゴールデンウィークから夏休みにかけて共通テストの過去問を10年分演習することになります。

このスタートが遅れると後々国公立の二次試験や私立の一般受験の過去問を演習する時間がどんどん少なくなります。

過去問を解くということだけに焦点を当てると、

例えば共通テストの過去問を10年分解くのは2週間あれば終えることができるはずです。

ただ、過去問演習は解いて終わりでは成績は伸びません

 

解いた後に結果を分析して、次の過去問を解くときまでにどこを強化していくかを考えて実行までしないと過去問演習する意味が激減してしまいます。

そのサイクルを回すだけの時間を確保することが大切になってくるので、そこに余裕を持たせるために今まず受講を進めているということです。

 

そして4月末には共通テスト本番レベル模試が迫っていますね。

まず自分の志望校合格に向けてどのくらいの得点率が必要になってくるか把握していますか?

分からない人はすぐに調べて科目ごとの目標点を決めましょう。

意外と点数必要だなと感じる人が大半なのではないでしょうか。

 

正式に1つ学年が上がっての最初の模試となるのでこだわっていってほしいですし、新高3生は特にもう受験まで1年を切っているという緊張感をしっかりもって受験してほしいです。

私は高3の4月のこの模試で納得のいく点数が取れずにかなり落ち込んでいたのを思い出します。

 

この模試を受験するにあたっては、特に新高3生はそれまでに全範囲のインプットを終えてから受験することが理想になってきます。

まだ習っていない範囲が出てきて全て勘で解くなんてことはこの時期には避けておきたいところです。

だからこそ今は受講に本気で取り組んでください。

今の少しの我慢と頑張りが未来の自分の大きな助けになります!

もうすぐ春休みです。いつもより多くの時間が取れるからこそそこで頑張れるかさぼってしまうか自分次第です。

未来を見据えた行動をしていきましょう!

3月20日からは春休み時間割になります。朝8時30分から校舎が空くので朝登校して1日を始めましょう!

応援しています🌸

 

立教大学法学部法学科2年 多田菜摘

 

まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、
資料請求・1日体験・入学申込を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーから!

資料請求はこちら
1日体験はこちら
入学申込はこちら

過去の記事