8月の終わりに-校舎長スペシャルブログ- | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 31日 8月の終わりに-校舎長スペシャルブログ-

こんにちは!新居です。

 

ブログを書くのって緊張しますね。すこしでも有益な情報が懸けるように頑張ります。

 

今日で8月が終わりました。悔いなくやれましたか?全てやりたい事はやり切れましたか?

 

夏休みは受験生にとっては天王山。低学年にとっても大事な時期。

その大事な時期の一つの成果として、8月26日に模試がありましたね。

 

今日僕が伝えたいテーマは、「将来について」です。

少し、大学生の時の話をさせてください。

 

将来やりたい事は、「英語関係の仕事につきたい」でした。

理由はシンプルで、高2で行ったカナダホームステイプログラムで英語が話せるってかっこいいなって思ったから。

 

やりたい事が見つかっていた高2から、コツコツとまずは英語の勉強を始めていました。だから、大学に入ってからも英語関係の事を学びたいと思っていたし、サークルも英語ディベートのサークルに決めました。

 

でも、このディベートサークルに入った事が僕の将来の夢を変えました。

 

特に大きかったのは「後輩との出会い」でした。

 

ディベートってとても忙しくて、週7日練習があり、授業の空きコマはパソコン室にこもってリサーチか、空き教室でスピーチ練習。土日は必ず大会があり、大きな大会になると関西・九州に遠征に行ったり、場合によっては世界大会なんかあったりします。

 

自分の中で印象に残っているのは、アメリカ人の審査員の方に、限られた時間の中で論理立てて、日本の文化の魅力を伝える事が出来たことです。

 

1年生は先輩についていくのに必死でしたが、2年生になると後輩育成が始まります。ここが転機でした。

 

練習は1年生より忙しいけど、その忙しさに加えて後輩指導が入ります。

でも、一生懸命頑張る姿や、たくさん質問してくれたり、その中で自分が想像しなかった考えや感想を言ってくれたり。時には3日間オールの合宿があり、でもみんな朝まで起きて結果を出そうと必死でした。

その、どれもが嬉しくて。

 

でも、2年後、結果を残させてあげることができませんでした。

毎日1日中打ち込んで結果が出なかったんです。

 

最後に引退の時に後輩がくれた言葉があります。

 

「まだ自分に自信がありません。でも、一生懸命頑張った事で、少しだけ頑張れるようになった自分がいます。ディベートを頑張ってきて良かった」

 

自分で何かに没頭し、結果を出すのもいい。でも、誰かと関わる事で、その誰かの心が動き、前向きになってくれる。こっちの方が自分には合っていました。

 

努力した分、結果が出るかは分からない。でも、きっと何か大切な事を得られる気がするんです。それは、きっと努力してみないと分からない。

 

夏が終わりました。

ここから、また新学期が始まりますね。

 

体調には気をつけて、無理はせずに。

でも、同時に人生に一度しかない高校生活です。せっかくだったら、もう一歩頑張ってみませんか?きっと自分が想像しなかった自分に出会えるはずです。

 

僕たちセン南のスタッフは頑張る皆を全力で応援します。

辛い事があったら何でも言ってください。心が折れそうになったらいつでも言ってください。大切なのは、どんな時でも諦めない事です。

 

それでは、またここから頑張っていきましょう!

 

 

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************