学校紹介〜津田塾大学編〜 | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 27日 学校紹介〜津田塾大学編〜

こんにちは!

最近ようやく校舎に来れるようになりました佐々木です。

ブログもだいぶお久しぶりですね…

沢山書くのでぜひ最後まで読んでください!

そんな久しぶりのブログですが、
今日はわたしの通う津田塾大学についてご紹介します。

とは言っても東進の担任助手も津田塾大学も3年目となると、今まで何回か大学紹介してきてるんです…

例えば 

大学紹介〜津田塾大学編〜

とかです!

あとは校舎でのSHRなどでも紹介しました!

そうなると聞いたことあるよって話も増えてきてしまうと思います。

さらに言えば、基本的なことは大学の資料を読めば分かってしまうはず…。

ということで、今日はちょっと視点を変えて紹介します!

題して

津田塾大学3年生が教える津田塾大学の魅力!

津田に3年弱通って改めて感じる津田塾大学の魅力を紹介します!

 

一応始めに基本データ

基本データ

◎創立  1900年

→女子英学塾というやつですね

◎所在地  東京都小平市津田町2-1-1

                東京都渋谷区18千駄ヶ谷1-18-24

◎入学定員

(学芸学部)

・英語英文学科220

・国際関係学科200

・多文化国際協力学科70

・数学科45

・情報科学科45

(総合政策学部)

・総合政策学科110

◎教育理念  変革を担う女性の育成

 

 

ではいよいよ、わたしの思う津田塾大学の魅力を紹介します!

それは…

真面目に勉強できること!!!!

・授業が少人数で出席を重視する授業が多いからサボることができない。

・課題が多くて空き時間も自習をしないといけない。

・期末テストが多い。

など津田塾大学で真面目に勉強できる理由は色々あります。

 

え、それって楽しいの?魅力じゃなくない?

そう思った人もいると思います。

ですが!そんなことはありません!

もちろん課題が多くて授業も多くて大変なこともあります。

私立文系って人生の夏休みじゃないの?って思うことも多々あります。

ですが、わたしにとってこれが大きな魅力です!

わたしは自分に甘いので、学校がビシバシ勉強せざるを得ない状況を作ってくれないと勉強をサボってしまいます。
その方が楽だし一見楽しそうに思えるし…

しかしやらざるを得なくなっていざ真面目に勉強してみると、

自分が興味を持って選んで来た学科なので授業がとっても面白いんです!

どうせ結局は授業を受けてテストを受けて単位を取得しないと卒業できないのなら、

面白いと思えた方がいいな!と思います。

そして、この「真面目に勉強できる」という特徴は間違いなくおうちの方に喜ばれます。

実際わたしも両親に、

高い授業料を払ってる分ちゃんと勉強してくれてるからよかった!と言われます。

 

そして、就職活動が始まって感じるのが「真面目に勉強してきた」ということは就職活動でも強みになり得るということです!

大学で何を頑張りましたか?と聞かれた時に胸を張って授業の話ができる大学生ってなかなかいないのでは?と思います。

 

勿論校風の合う合わないはあると思います。

ですが、興味があるなら勉強すること自体は嫌いではない…という人や、

根は真面目だけど周りに流されやすい…という人には心の底からおすすめしたい大学です!

もし興味が湧いた人がいたら受付にいつでも質問に来てください!

津田塾大学学芸学部国際関係学科3年佐々木映