模試後面談・帳票返却面談を控える君へ | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 25日 模試後面談・帳票返却面談を控える君へ

こんにちは!中山です。

私はこないだ解析学という授業の中間テストがオンラインでありました。
 
初めてオンラインの形でテストを受けましたが、みなさんも4月の模試はこんな感じだったんですかね。
 
とってもやりづらかったです。。。
 
そして、4月模試から2ヶ月。
 
全国統一高校生テストが終わりましたね!
 
まずはおつかれさまでした!!!
 
手応えはどうですか??
 
勉強に力を入れてきた部分は解けましたか??
 
少し余談ですが、私が一番好きな校舎ブログがあるんですけど、そのブログが6月の全統について書いてあるブログなんです!
 
 
 
さてさて、今日のブログは模試後面談・帳票返却面談の活用法についてお伝えしていきます。
 
模試後面談は東進に通っている子達がグループミーティング担当の担任助手とする面談です。
 
帳票返却面談はまだ東進に通っていない子が、東進のスタッフとする面談です。
 
面談で大事な点は3つあります。
 
 
①自分でしっかり分析ができているか
 
もちろん面談でも一緒に分析をしていきますが、自分自身で自己採点をしたりWebでの結果を元にして
 
なんでできなかったのか
どうしたらできるようになるか
 
を考えてから、面談に臨むことが大切です。
 
やはりまずは自分で考える必要があります。
 
模試については終わるごとにひとりひとり面談が必ずありますが、過去問などを解くときはどうでしょうか??
 
たくさん量をこなしていくのに、1回1回面談する時間なんてないですよね。
 
分析は模試だけでなく、過去問を解いたり、日頃の勉強の中でもしていく必要があります。
 
自分で考えてこそ、学力は伸びていくと思います。
 
もちろん私達も一緒に考えていきますが、面談の前に模試をふりかえって考える時間を取ってみてください。
 
 
②予定立てをする時に具体的な数字まで落とし込む
 
面談をしたら、必ず次の行動目標を決めていくと思います。
 
いつまでにこの受講・問題集・過去問を終わらせるのか、そのためには週にどのくらいのペースやらなければいけないのか、じゃあ実際に1日のスケジュールはどのようになるのか
 
どんどん具体的に落とし込んでいきましょう。
 
やることは決めたけど、とりあえずやりたいだけやろう では、合格するためのペースでは無いかもしれません。
 
この時期にこのくらいやれていたら、点数が取れていたら合格に近づくというスケジュールはあります。
 
ただやみくもにやる時はやる、やらない時はやらないというように自分の好きなように進めるだけでは、気づいたらもう手遅れなんてこともあるかもしれません。
 
なので、ゴールから逆算して予定を立てていきましょう!
 
具体的な数字まで落とし込むことで、やらなきゃいけないペースが明確になるので、そこがポイントです!
 
 
③メモを取る
 
みなさん、面談の時はメモをとっていますか?
 
あとで面談をしてくれた担任助手の人がやることをまとめたものをくれるからという理由で書いてない子もいるんじゃないかと思います。
 
でも、自分に必要な情報はそれだけですか?
 
人間誰しも時間が経てば忘れてしまいます。
 
なので、必ずメモは取った方がいいです!!
 
なんでこの分野取れなかったんだっけ?とかどういうところに気をつけた方がいいんだっけとか忘れてしまってはもったいないです!
 
しっかりと目に見える形に残しましょう。
 
 
以上が模試後面談・帳票返却面談をする時に気をつけて欲しいポイント3つです!
 
東進の模試は学力を伸ばす模試です。
 
受けたあとが大切になってくるので、しっかりと面談の機会を活かして、今後の勉強をさらに良いものにしていってください!!
 
そして、8月模試で必ず結果を残しましょう!!
 
一緒にがんばっていきましょう(^^)
 
日本大学理工学部 2年 中山小春
 
************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
************************************

お申込みはコチラ!