英語センター試験リスニング対策! | 東進ハイスクールセンター南駅前校|神奈川県

ブログ

2018年 7月 5日 英語センター試験リスニング対策!

こんにちは!佐々木です!

学校が4学期制で、他の大学の皆さんより一足早く期末テストが終わっています!

夏休みももう目前!

受験学年の皆さんはセンター試験を極め始めているのではないかと思います。

皆さんは何の科目に力を入れていますか?

英語?数学?物理?世界史?

いろいろあると思います。

では、英語のリスニングの対策もしっかりできていますか?

校舎でもよく「リスニングって対策したほうがいいんですか?」「どうやって対策するんですか?」

そんな声を聞きます。

ぜひ、リスニングも対策して下さい!

例えば英語の筆記が160点だったとします。8割です!

でももし、リスニングが36点だったら?

リスニングも合算で200点換算すると156.8点(約78%)になってしまいます。

逆に、筆記が178点でギリギリ9割に届かなかったとします。

しかしリスニングで48点取ることができれば、200点換算で180.8点で9割突破です!

そんなこと言われてもリスニングの対策がわかりません。

という人のために、今日はリスニングの対策方法を紹介します!

まず前提として、センター試験のリスニングはそれほど難しいことは言っていません。

機会があれば、リスニングのスクリプト(原稿)を読んでみてください。

筆記試験の長文の何倍も簡単なはずです。

ではなぜ点数が取れないのか。

耳が慣れていない。それに尽きると思います!

an apple と書いてあれば分かると思います。

これをネイティブの方が発音して、anapple と繋がって聞こえた瞬間、「アナッポーって何だ?」となってしまい、それがan apple のことだとわからなくなってしまうんです。

逆に言えば、単語同士が繋がって聞こえてもそれを聞き取って分解できれば、誰でもリスニングは取れるはずだと私は思います!

そのために何をするか。

2つの方法を紹介します。

①リスニングの過去問を大量に解く

→数をこなして、センター試験のリスニングになれる作戦です。

この時期にそれをする余裕はありません…。という人は②がオススメです!

②英語の音楽を耳コピする

→好きな曲ならなんでも構いません(できれば英語圏の子供向け番組などの曲が正しい英技で聞き取りやすいとは思います)。曲を聴いて、なんとなく耳コピして、その後で歌詞を見て…を繰り返してみてください。
「あそこなんて言ってるかわかんなかったけど、◯◯と〜〜が繋がってただけなんだ!」という発見があると思います。そしてだんだん歌詞が聞き取れるようになっていくと思います。
曲の速さで聞き取れるようになったら、センター試験のリスニングの速さは守備範囲です!

②の方法は勉強の息抜きに音楽を聴きながらできるので特にオススメです!

 

リスニングも頑張ってみようかな!

これだったらできそう!

そう思ってもらえたらとても嬉しいです!

リスニングをマスターして英語の点数を引き上げましょう!

わたしは今日からとある英語圏へ旅行へ行ってくるので、大学でも毎日のように触れている英語の学習成果を試してこようと思います!

津田塾大学学芸学部国際関係学科2年 佐々木映

*************************************
まだ東進に通っていないキミ!
東進ハイスクールセンター南駅では、いつでも無料で、資料請求・体験授業・入学申込・個別面談を受け付けております!
大学受験に向けて一緒に最高のスタートを切りましょう。
みなさんのお申込み、スタッフ一同、お待ちしております。
お申し込みは下のバナーをクリック!
**************************************